青空の唄

リアルときどきヴァナの住人の日記-声は光に 歌は心に 君に届け、青空の唄-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2013.05.12

母の日いえ~い!

せっかくの母の日なのに・・スノの心はおつかれちゃん。
なぜって?

土曜日に、部活が8時~15時まであるといってお弁当をもってでかけたR。
11時に知らない電話番号からの電話。
恐る恐る出てみると
『あ。ぼくぼく。』
ぼくぼく詐欺かよっ!
部活が早く終ったから友達と遊んでくるとのこと。
お弁当は学校で食べたらしい。
一度帰らないのはどうなんだ?とも思いながらも、どうぞと。
しばらくすると一度家に戻ってきて着替えてまた行って来ると。
どうぞ、どうぞ。
そして、夕方-
また帰ってきて今度は
『20時まで学校で部活ができるから練習にいってくる。』
とのこと。
ラケットはどうするの?→友達が持ってるから大丈夫。
そんな遅くまでできるという事は、保護者的な人はいるの?先生がいるの?→いない。
先輩がやってるの?→たぶん、先輩が練習してる。
部活ならしょうがないと20時まで行ってきていいよと許可を出した。
そして、18時。
またもや知らない番号からの電話。またRだろうと電話に出た。
『友達の家に泊まっていい?』


はぁ?


ダメに決まってます。
部活に行くといってアンタ今どこにいるわけ?
許すわけがない。
引き下がらないRに絶対にダメです。といい電話を切った。
それから1時間。
帰ってくる気配がない。
友達の家がどこにあるのか知らない。
わかるのは着信履歴に残った電話番号。
その電話に電話してみると・・まだ居ました。
『20時まで遊びにいってるっていったじゃん。』

アホか?
非常識だ。
あきれた。

すぐさま帰宅させ、説教。

そんなことがあった次の日の今日。
今日は、ちゃんと5時までに帰るから遊んできていい?
まぁ、懲りただろうし。いいでしょう。
そして13時ごろ遊びに行ったきり21時半まで戻らないという^^^^^^
船橋法典まで歩いていき、それから電車にのって西船まで。
そこまでが19時。
その後歩いて他の駅に行ったらしく、船橋に戻れなくてまた西船に戻り電話をかけてきた。
そして友達のパパがお迎えに行き帰宅をしたわけですが。
スノはRに何も言いません。

『おかえり』の声がちょっと涙出そうでこらえてて震えてしまいましたが。

昨日も話しました。
親がどれだけ心配するかを。
Rは聞いたはずです。
なのでなにも言いません。

どういう道順をたどったかは友達のママからききました。
たぶん、歩いて歩いて道に迷い法典駅につき、
もってたお金で西船まで電車にのったのだろう。

あたしたち親がどんな思いであの子たちを待っていたか。
親にならないとわからないだろう。
男の子なんだからそんなに過保護にしなくてもって言う人もいるけど
21時はやりすぎだろ?
20時まで友達の家にいるのは非常識だろ?

これからこんなこといっぱい起こるだろう。
でも、言わない。
言うならば
『もう話したよね?スノたちがどんな思いで待ってるかって。』
ただそれだけ。
スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2013.05.23 | 青空の唄 | 2013.05.06>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 青空の唄 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。