青空の唄

リアルときどきヴァナの住人の日記-声は光に 歌は心に 君に届け、青空の唄-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2013.05.06

あっちゅうまに4連休おしまい。
昨日は、昼寝をしてしまったがために夜が眠れず(;´ρ`)

1時半。
FFではブンカールだったかな?芋にやられ型紙ゲットできず。
ソロ余裕のハズなのにw
一度崩れるともうだめだ。弱点ついたらソロでしてるつもりでいないとダメだわ。
2アカを操れるわけない。
リョガンのマクロでパライズだけつくっておいて
あとは、ヌゥのVフラでホーリー2とバニシュガ2を止めとけばよかた。
あと3分の1ってとこでホーリー2くらってアボーン○| ̄|_モゥイイヤ。

布団に入って目をつむるも眠れない2時半。
猫が布団の上に寝るものだから寝がえりもうてぬ。
それでも多少ウトウトはするのだ。
そして夢をみた。

スノは病気のばあちゃんの横で寝てた。
少し話をして、そしてまた寝た。
ばあちゃんが起きて、何もない壁の方を向いて誰かと話をしている。
「どうしたの?」
と、聞くと
「昔お世話になった、〇〇さんと、〇〇さんだよ。」
と、紹介が始まった。
ああ、おばあちゃんダメだよ。その人と話しちゃ。居ないんだよ、そこには。
だから、おばあちゃんに言ったの。
「おばあちゃん。アタシ、その人たちにお願いするね。おばあちゃんを連れてかないでって!」
って、言うとおばあちゃん少し涙を浮かべながら
何か言った。そこは覚えてないんだけど;
そして苦しみだして、アタシびっくりして。おばあちゃんを揺さぶったり背中叩いたりしながら
「大丈夫?大丈夫?今、ママ呼ぶから!!しっかりして!!」
って。そしたら、
「大丈夫だから。大丈夫だから。ママは呼ばなくていい。
あんたと一緒に居られなかったから一緒にいてもらってるんだよ。(二人の時間にしてる)」
少しすると落ち着いてきて、ばあちゃん言ったんだ。
「おばあちゃん、心配だよ。あんたがママや、このおばあちゃんに似て弱いからなぁ」
って。
「おばあちゃん大丈夫だから、お前は少し寝れ」
って言うの。
そしておばあちゃんが寝て、んでアタシも寝ようとしたらスマホみたいなものに触ってしまい
音楽が流れるの。
80年代的な男の人の歌で。
でも消し方がわからなくて、おばあちゃんやっと眠れたのに起こしちゃうっって焦る夢。

んで、目覚めて・・

おばあちゃん大丈夫だよ。アタシちゃんと眠れてるよ。心配しないで。

って思った瞬間に気付いた。
ああ。夢か。。。アタシ、おばあちゃんの夢みたって。
ばあちゃんがアタシの願い叶えてくれた。
ずっと思ってた。夢でもいいからもう一度話がしたいって。


ありがとう。
しかも二人っきり(Rも横で寝てたけど)の時間を・・ありがとう。
スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2013.05.12 | 青空の唄 | 2013.05.03>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 青空の唄 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。