青空の唄

リアルときどきヴァナの住人の日記-声は光に 歌は心に 君に届け、青空の唄-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2013.04.17

総武快速でラッシュ中でシートに座りメソメソしてたのはスノです。
ごめそなさい。

ばあちゃんキレイだったな。
いっぱいのお花に囲まれて。

ばあちゃん笑ってた。
でもね、湯灌したら困惑した顔してた。
ばあちゃん病気でお風呂入れなくなっちゃって
ママンが下を拭かせていうてもそれだけはやらせられんいうて
まぁ。嫌だよね。
娘とはいえね。
きっと、体を知らない人に洗われたんで困惑したんだろうな。
葬儀のときは微妙な顔してた。
きっと、盛大に葬儀をするなって遺書書いてたらしいから
遠慮してたんだろうな。
写真の顔はずっとずっと笑ってた。

ママンに聞いた。
病気わかってから、毎日毎日誰かがばあちゃんに会いにくるの。
たった1日だけ誰も来ない日があって
『今日は誰もこんかったなぁ』って言うんだって。
で、他の日は
『今日は5人もきたなぁ。』
ってw
亡くなってからも、毎日毎日誰かがお線香あげに来た。
ほんとに色んな人に愛されてて
みんないいおばあちゃんだったねって。

ばあちゃんは75才でS県F市に来たんだ。
丁度GWに来たんだ。
それから14年。あとちょっとでまるく14年。
75で来たのにもかかわらず、すぐにF市に打ち解けて。
これもぜんぶばあちゃんの人徳だったんだなぁ。
もちろん、パパとパパの方のばあちゃんが許してくれたから
ばあちゃんF市にこれて、
病気してたこの1ヵ月、ママンと親子水入らずで過ごせた。
ママンは20になる直前で嫁に行っちゃってほとんどばあちゃんと過ごせなかった。
だから幸せだったってママンが言ってた。
きっと、ばあちゃんもすごい幸せだったと思うよ。

もっとさ
ばあちゃんと話しておけばよかったよ!
なんで、しなかったんだろ。
行けばそこに居て
居るものだと思ってて
ばあちゃんごめんね。
いつもいつもちょっと顔出すだけで。
お土産おきにちょっと顔出すだけで話なんてほとんどしてなかった。
もっともっと触れ合えばよかった!
なんでしなかったんだろ。
なんで。
最後に、ばあちゃんが次会うときは南無南無だよ。なんて。
まだほんとに逝ってしまうなんて思わなかったから
『冗談やめてよ。次は元気になってて』
なんてわらってちょっと手をふれただけで家に帰っちゃった。
思い出が少なすぎて
1人こっちでいる自分に悔いたよ。
そんなのばあちゃんは望んでないだろうけどね。
だって、遠慮の人だから。

お前はMの子なんだから
お前はあっちはよいけって言うもの。
ばあちゃんはいいからって。

あのね。しーちゃん。
スノ淋しいよ。
夢でもいいから会いに来て。
いっぱい話を聞かせて。

スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2013.04.21 | 青空の唄 | 2013.04.13>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 青空の唄 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。